HOMEインフォメーション > 都道府県がん診療連携拠点病院に指定

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2008.03.12 ]

都道府県がん診療連携拠点病院に指定

 九州大学病院は、平成19年10月に福岡県の推薦を受け、平成20年2月8日付で厚生労働省より都道府県がん診療連携拠点病院として、国立病院機構九州がんセンターとともに指定を取得しました。同時に福岡県では13の地域がん診療連携拠点病院が指定を受け、本院は九州がんセンターとともに、これら拠点病院 間の連携、調整機能を担うこととなりました。

 がん診療連携拠点病院は、がん医療水準の「均てん化」(全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること)の中 心的役割を担う医療機関として、①診療機能や医療従事者等の診療体制、②地域のかかりつけ医等に対する研修体制、③相談支援センターや院内がん登録等情報 提供体制に厳しい要件が定められています。さらに本院が指定を受けた都道府県がん診療連携拠点病院について、福岡県においては、がん専門医療従事者の育 成・研修、地域がん診療連携拠点病院への医師の派遣調整、症例相談、臨床研究の推進等により、先駆的でより高度ながん医療を推進することが求められていま す。


今後、本院はこうした諸施策を実行し、福岡県のがん対策における中核的機関として、がん医療の向上を牽引するために努力してまいります。

ページの上部へ