HOMEインフォメーション > 【熊本地震】九州大学病院の被災地支援

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2016.04.20 ]

【熊本地震】九州大学病院の被災地支援

4月16日 九州大学病院備蓄の水を熊本大学病院に発送


ヘリポートに到着する患者さん

4月18日 DMAT隊出動 [救命救急センター籾井医師、納富・野入看護師、桑本業務調整員]
平成28年熊本地震で被害に遭われている皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。
健康の管理には、十分ご注意ください。

九州大学病院は 4月14日の地震発生より、本日まで以下の支援を行っています。

<DMAT(災害派遣医療チーム)の派遣>

4月15日 DMAT派遣(生野医師、石村・納富看護師、冨重臨床工                    学技士 計 4名)
4月16日 DMAT派遣(赤星・生野医師、樋口・野入看護師、桑本業
                            務調整員 計 5名)
4月17日 DMAT派遣(籾井医師、立花・中筋看護師、冨重臨床工                   学技士 計4名)
4月18日 DMAT派遣(籾井医師、納富・野入看護師、桑本業務調                   整員 計4名)
*すべてDMAT事務局の要請によるもの、

<医師派遣>

4月16日 JMAT派遣(永田医師 計 1名)
*日本医師会からの要請によるもの
4月16日 患者搬送のためのNICU対応(賀来・竹本医師 計 2名)
*熊本市民病院の要請によるもの

<患者さんの受け入れ>
4月16日 患児 4名受け入れ *熊本大学医学部附属病院、
              熊本市民病院、熊本赤十字病院
4月17日 妊婦 1名受け入れ *熊本大学医学部附属病院
4月18日 患児 1名・
妊婦 1名受け入れ
                                        *熊本大学医学部附属病院


ほか、外来患者1名受け入れ


<国立大学病院相互支援>

4月16日 九州大学病院ストック分 患者さんの給食用飲料水
               4.6トン(500ml ×8,895本、2l ×102 本)
*九州大学(本部)からは別途、水・毛布・食糧
4月17日 患者さん用食糧(おかず4種4,800食分)、ほか職員用                食糧
*すべて熊本大学医学部附属病院の要請によるもの

なお、本学は文部科学省高等教育局の指示で、今回の震災に
対する全国国立大学からの支援を取りまとめています。

                                                                平成28年4月20日
                                                                    九州大学病院






ページの上部へ