HOMEインフォメーション > 【講演会】ロボット支援膵切除術の現状とその将来像 [胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科]

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2016.07.21 ]

【講演会】ロボット支援膵切除術の現状とその将来像
[胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科]
ピッツバーグ大学医学部教授
Herbert  ZehⅢ氏


 会場アクセス図
(クリックして拡大でご覧ください)
 
申込書PDF
講演会「ロボット支援膵切除術の現状とその将来像」を開催します。
多数の皆さんの参加をお待ちしています。


日  時 : 平成28年 8月 8日(月)19:00 - 21:00
会  場 :  ホテル日航福岡本館 3階都久志の間
               (福岡市博多区博多駅前2-18-25)
               ※会場へのアクセスについては右下図参照
対  象 :  九州大学の教職員・学生
                福岡市内の医療関係者・医学部等の学生
定  員  :  100人(先着)
参加費  :   無料(懇談会は2,000円)
使用言語:  英語と日本語(同時通訳あり)
申込方法:  次の要領により、メールまたはFAXでお申し込みください。
                 件名は「講演会申込」とし、下記①-④を明記してください。
                 ①氏名・ふりがな
                 ②機関・学校名
                 ③所属・役職・学年
                 ④懇談会参加の有無
                 FAXは申込書に記入のうえ、送信してください。
                 ※いただいた個人情報は本申込以外には使用致しません。
申込期限:  平成28年 8月 1日(月)
申込先   :  九州大学病院総務課総務係  
                 TEL:092-642-5005 FAX:092-642-5008
                  E-mail:ibssyomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
                            (送信の際は★を@に変えてください)


-プログラム-
座長:九州大学病院 胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科教授 中村雅史
         九州大学病院 国際医療部長 清水周次

 19:00-19:10  開会挨拶
                   九州大学病院長 石橋達朗
                   福岡市保健福祉局健康医療部長 大島晶子
 19:10-19:30 「Current Status of Minimally Invasive Pancreatic Resection in Japan」
                -日本の低侵襲膵切除の現状
                   九州大学病院  光学医療診療部副部長 大塚隆生
 19:30-20:30 「Assessing Robotic Surgery Proficiency through video review」
                -動画によるレビューを通じたロボット手術の熟達度評価

                   ピッツバーグ大学医学部教授 Herbert ZehⅢ 氏
 20:30-20:35  閉会挨拶
                  
九州大学病院  国際医療部長 清水周次
 20:50-22:00  懇談会

ページの上部へ