HOMEインフォメーション > 遠隔医療会議 技術担当者向け冊子、刊行![アジア遠隔医療開発センター]

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2017.05.17 ]

遠隔医療会議 技術担当者向け冊子、刊行![アジア遠隔医療開発センター]



クリックして拡大でご覧ください


*九州大学病院は、国立大学附属病院長会議常置委員会で、インターネットを活用した遠隔医療教育を牽引しています。












国内外のインターネットの普及により、複数の医療施設間で映像、音声通信、資料などを共有して行う遠隔医療カンファレンスが行われるようになりましたが、ネットワークや映像音声機器に関する技術担当者の不足や施設間格差が問題となっています。

そこで九州大学病院国際医療部 アジア遠隔医療開発センターは、他の国立大学病院の技術担当者らとともに、「遠隔医療カンファレンス 技術担当者になったら読む本 入門編」を刊行しました。

遠隔医療カンファレンスに参加したい医師が、技術者のサポートを得られない場合や、専門知識を持たずに技術担当者となった場合に役立てられるよう、図表を多く取り入れながらわかりやすく解説し、入門編として大いに活用できます。

この冊子は無料で配布しています。
ご希望の際は、まずは下記へお問い合わせください。


連絡先:九州大学病院国際医療部
             アジア遠隔医療開発センター
             TEL:092-642-5014
             Eメール:
tem-sec★med.kyushu-u.ac.jp
                         *送信の際は★を@に変更してください。


ページの上部へ