HOMEイベント・お知らせ > 【公開講座】6月24日市民公開講座「大切な人のために、今知っておきたい最新治療 ―補助人工心臓と心臓移植」[循環器内科]

病院からのお知らせ

イベント・お知らせ

[ 2017.06.02 ]

【公開講座】6月24日市民公開講座「大切な人のために、今知っておきたい最新治療
―補助人工心臓と心臓移植」[循環器内科]



クリックして拡大でご覧ください













臓器移植法施行から20年目にあたる本年、補助人工心臓や心臓移植について、市民公開講座を行います。

心不全のこと、補助人工心臓や心臓移植についてなど、最前線で活躍する九州大学病院の医師を始め、各分野の専門家が最新治療をわかりやすく解説します。

また、実際に移植を待つ患者さんや、心臓移植を行った患者さんの実体験も聞けます。

参加は自由、参加費無料です。皆さんぜひ、足をお運びください。


日   時:6月24日(土) 15:00 - 17:00 ※14:30受付開始
会   場:アクロス福岡 7階 大会議室
            (福岡市中央区天神1-1-1)
参加費:無料 ※参加自由
定   員:180名
主   催:
一社)  日本循環器学会
            
一社)  日本心不全学会
             第 4回心臓移植市民公開講座実行委員会
             (
九州大学病院循環器内科  医局内)


連絡先:九州大学病院循環器内科

     TEL:092-642-5360(担当/肥後)


― プログラム ―

開会の挨拶
    筒井裕之(九州大学病院循環器内科  教授)

心不全とは?重症心不全の治療手段
  
肥後太基(九州大学病院循環器内科  診療講師)

補助人工心臓治療の進歩と心臓移植治療

    塩瀬   明(九州大学病院心臓血管外科  教授)

心臓移植がつなぐ善意と感謝といのち
  
雁瀬美佐(日本臓器移植ネットワーク)

   - 休憩 -

いのちのリレー  ―誰もが第一走者

   野田英一郎(福岡市民病院救急科  科長)

移植待機患者さん・移植後患者さんからのメッセージ

小児心臓移植の現状と今後の展開・小児移植の普及にむけて
  
福嶌教偉(国立循環器病研究センター  移植医療部長)

閉会の挨拶
  
塩瀬   明(九州大学病院心臓血管外科  教授)


ページの上部へ