HOMEイベント・お知らせ > 【11月10日】第 8回人体・病理ミュージアム一般公開

病院からのお知らせ

イベント・お知らせ

[ 2017.10.18 ]

【11月10日】第 8回人体・病理ミュージアム一般公開

「人体・病理ミュージアム」を一般公開します。

ミュージアムには病理学教室が100年の時間をかけて収集した1,300の肉眼標本の中から医学的に重要かつ希少性の高い標本をセレクトし、さらに最近の興味深い標本を追加して系統的に約160点展示いたしました。

人体・病理ミュージアム画像 人体・病理ミュージアム

人体・病理ミュージアム画像 医学生教育実習の様子

その他、日本国内で数体しか保存が確認されていないキュンストレーキ(紙製人体模型)や、骨董的価値のある顕微鏡、皮膚疾患を蝋模型にしたムラージュなど、さまざまな医学史的遺産を展示しています。

また、九州大学病院と病理学教室史を大型写真パネルで掲示、その時代に“タイムスリップ”してみてはいかがでしょうか。

視聴覚エリアでは、「病院で病理学がどのような役割を果たしているか?」について、“診断”をキーワードに紹介しています。

医学の教科書を読み知識を得る事はもちろん大事ですが、知識を基に臓器を実際に目で見て、体験する機会はそれ程ありません。「百聞は一見に如かず」という諺があります。貴重な「一見」を人体・病理ミュージアムで体験しませんか?

おもな展示物

肉眼臓器標本、人体模型、人体骨標本(中山平次郎名誉教授)、キュンストレーキ、ムラージュ、田原名誉教授業績パネル、顕微鏡その他

参加について

事前の申込みが必要です(申込み先着順 定員になり次第締め切り)

  • *第1グループ:10:00-12:00(定員20名)
  • *第2グループ:13:00-15:00(定員20名)

※申込み方法、その他詳細は下記のウェブサイトを参照ください。

http://www.med.kyushu-u.ac.jp/app/modules/information/detail.php?i=974&c=1

会場

病院地区キャンパス 基礎研究棟A棟B 1階 ※PDFが開きます

交通アクセスはこちらから

*期間限定公開ですので、掲示の日程以外、通常は公開していません。ご注意ください。

お問い合わせ

九州大学病院病理剖検部門 澁谷秀徳

TEL:092-642-6073

ページの上部へ