HOMEインフォメーション > 福岡ソフトバンクホークス工藤監督が、再び小児医療センターを訪問[小児医療センター]

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2018.01.30 ]

福岡ソフトバンクホークス工藤監督が、再び小児医療センターを訪問[小児医療センター]


小児医療センターを訪れた工藤監督


子どもと一緒に「
もう1頂!」
1月26日、福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が、夏に引き続き、再び小児医療センターを訪れ、入院中の子どもたちとふれ合いました。

子どもたちは、思い思いの応援ユニフォームをまとい、
工藤監督を
拍手でプレイルームに迎えました。

工藤監督は、昨年の日本一の報告とともに、来シーズンの抱負や「
もう1頂!」というスローガンなどを熱く語りました。「どんな選手が活躍できそうですか?」という子どもたちの質問に、次々と期待の選手の名前があがっていました。

子どもたちは、直筆のサイン入りカードやマスコットなどを手渡され、大事そうにかかえて、別れを惜しむようにそれぞれの病室へ戻って行きました。また、
工藤監督は病室を離れられない子どもたちの元にも足を運び、言葉を交わし、子どもたちを励ましました。

楽しい交流のひとときで、子どもたちも工藤監督から、工藤監督は子どもたちから、たくさんの力をもらったようでした。




ページの上部へ