HOMEインフォメーション > 九州大学病院医療事故調査報告書の公表について

病院からのお知らせ

インフォメーション

[ 2011.04.13 ]

九州大学病院医療事故調査報告書の公表について

平成22年 9月九州大学病院において、患者様の補助人工心臓の管(カニューレ)がはずれ、その後亡くなられるという医療事故が発生しました。

お亡くなりになられた患者様にあらためて哀悼の意を表しますとともに、ご家族様に対しまして、多大なご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

九州大学病院では、外部委員 3名を含む 8名の委員による医療事故調査委員会を、平成22年10月 4日発足させました。委員会は平成23年 2月20日までに 4回にわたって開催されました。

事故の真相ならびに原因究明・再発防止策の立案を目的として、この度、委員会より「医療事故調査報告書」が提出されましたので、公表させていただきます。

なお、本医療事故につきましては、医師法第21条に従い東警察署に届け出た上で、第三者機関である日本医療安全調査機構に調査分析を依頼しております。

今後、再発防止に向けて医療安全管理体制の一層の強化を図っていく所存です。


1. 九州大学病院医療事故調査報告書(本文)
2. 九州大学病院医療事故調査報告書(資料 1)
3. 九州大学病院医療事故調査報告書(資料 2)
 

                                                                                                    平成23年 4月13日
 
                                                                                                        九州大学病院長
                                                                                                            久保 千春

 

 

ページの上部へ