HOME外来のご案内>お支払いとお薬のうけとり>お支払いについて

外来のご案内

初診の方へ

医科

歯科

再診の方へ
外来診療日
紹介元医療機関の方へ

医科

歯科

お支払いについて

お支払いについて

医療費自動精算機

●お支払いは、外来診療棟1階の「5支払」窓口または、医療費自動精算機でお願いします。
窓口(月曜−金曜) 8:30−18:00
医療費自動精算機(月曜−金曜) 8:00−18:00
カード専用精算機 24時間

●クレジットカードでのお支払いも可能です。
(VISA、Master Card、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER、銀聯)

●デビットカードでのお支払いができます。
デビットカードとは、金融機関発行のキャッシュカードを使って、口座から引き落としをするお支払い方法です。

ページの上部へ

入院費のお支払い

請求書

●入院費などは、その月の分をとりまとめ、翌月の10日頃に請求書を病室にお届けします。
お支払い日は通常12日頃からとなります。

●お支払いの内容について、不明な点がございましたら平日8:30−17:00 病棟事務にお尋ねください。

時間外、および土・日・祝日のお支払いは時間外受付(南棟入口)で取り扱っています。

ページの上部へ

入院費用の計算について

九州大学病院(医科)は、「入院医療の包括評価」の対象病院となっているため、入院された患者さんの入院費用は、包括評価制度を基本として計算いたします。

詳細はこちら1. 包括評価算定による料金

詳細はこちら2. 健康保険法等による(出来高算定による料金)
   ※(1)に該当しない場合

詳細はこちら3. 入院時の食事の負担額

ページの上部へ

先進医療・分娩費等のお支払い(健康保険法等の規定外)

次の料金がお支払い額です(平成28年5月1日現在)。

1. 先進医療料

ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法
(1コース)
3,000円
全身性エリテマトーデスに対する初回副腎皮質ホルモン治療におけるクロピドグレル硫酸塩、ピタバスタチンカルシウム及びトコフェロール酢酸エステル併用投与の大腿骨頭壊死発症抑制療法
費用の負担はありません。
腹腔鏡下広汎子宮全摘術
672,000円
FDGを用いたポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影による不明熱の診断
費用の負担はありません。
放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法
入院 2,700円/回 (全26回)
外来 2,400円/回 (全25回)
テモゾロミド用量強化療法
(1コース)
3,700円

詳細はこちら2. 上級病室を希望した場合の「差額室料」

3. 分娩介助料

時間内(午前8時30分-午後5時)   270,000円
加算額 190,000円
時間外(午後5時-午後10時、午前6時-午前8時) ※深夜を除く
休日(土・日・祝日)
  320,000円
加算額 210,000円
深夜(午後10時-午前6時)   330,000円
加算額 230,000円

・加算額:一児を超えるときに一児ごと加算します。
・分娩介助料の他に、入院料・新生児室料・新生児介補料・食事療養費等が必要となります。
・個室を希望する場合は別途、上記2の「差額室料」が加算されます。

4. 各種診断書作成料、その他(フィルムコピー等)

本院の諸料金規程による

5. 初診時定額負担(紹介なしの場合)

医科 5,400円 歯科 3,240円

6. 病衣貸与料

1日につき72円

ページの上部へ