HOME病院紹介>外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)

病院紹介

外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)

本認証制度は、病院機能評価(日本医療機能評価機構)など第三者機関による認証制度によって医療施設機能が評価されている日本国内の病院または健診施設において、多言語による診療案内や異文化・宗教に配慮した対応など、外国人患者の受入れに資する体制を、日本医療教育財団が第三者的に評価することを通じて、医療を必要とするすべての人に、安心・安全な医療サービスを提供できる体制づくりを支援することを目的とした制度です。

審査にあたっては、現況調査票や自己評価票などの書面調査と面接や院内ラウンド調査などの訪問調査が日本医療教育財団の認定調査員により実施され、認証審査会において最終的な判断が行われ、平成29年 3月15日付で国立大学附属病院としては全国で 2番目となる認証を取得しました。

本院では、外国人患者の受入れ体制整備のため、医療現場における対応マニュアルや外国語会話集などのツールや院内表示等を順次見直していくこととしています。

We are now accredited by Japan Medical Accreditation for International Patients(JMIP)!

This certification is the system to support the hospitals and medical facilities in Japan accredited by third party certification system such as Evaluation of Hospital Function (Japan Council for Quality Health Care) to establish of structure that is able to provide secure and safe medical service for all the people who need medical care including international patients, for instance such as hospital signs in several languages and intercultural correspondence, through evaluation by Japan Medical Education Foundation.

Kyushu University Hospital was accredited, as the second university hospital in Japan, as of March 15th, 2017 after document analysis, interviews and round investigation inside the hospital by the investigators from Japan Medical Education Foundation.

We are planning to review the manuals, communication tools and hospital signs for system maintenance to accept international patients.

获得接收海外患者医疗机构认证制度(JMIP)的认证

本认证制度,是针对已获得医院功能评价(日本医疗功能评价机构)等第三方机构认证制度对其医疗设施功能加以评价的日本国内的医院或健康检查设施,通过多种语言的诊疗指南及针对不同文化和宗教的细节注意等,由日本医疗教育财团作为第三方机构,针对是否具备接收海外患者的资质进行评价,其目的是为援助构筑一个为需要医疗的所有患者提供安全・放心的医疗服务体制。

审查之际,由日本医疗教育财团组织认定调查员实施,有书面调查的现状调查表和自我评价表等及访问调查的面试和巡查医院内设施等的审查项目,随后经认证审查会的最终判断,于平成29年3月15日,作为国立大学附属医院,在日本全国作为第二个医疗机构获得了本认证。

本院为了进一步健全接收海外患者的体制,现在逐步完善医疗场面所需的应对手册及外语会话集等交流工具及医院内的指示牌和张贴物等翻译和制作。

ページの上部へ