HOME診療科のご案内中央診療施設>救命救急センター・集中治療部

診療科のご案内

救命救急センター・集中治療部

各センターホームページへ


毎日の症例検討カンファレンス(左) ・ 集中治療室(右)

救命救急センター・集中治療部は、命に関わる重篤な疾患や外傷に専門家集団による「総合力」をもって一丸となって立ち向かい、さらにはアジアの災害救急医療の拠点を目指して頑張っています。


得意分野

3次救急医療全般、とくに急性心筋梗塞や脳卒中などの血管病、重症外傷、そして需要が大きい小児救急・集中治療に力を入れています。大学病院として医学生のみならず、卒後医師の研修、救急救命士の訓練などにも取り組んでいます。

診療体制

救急、麻酔・集中治療、脳血管、循環器、消化器、感染症、小児、整形、外科の専門医が、交代勤務体制で重症の患者さんに24時間対応します。各種疾患に応じた専門各科へのスムーズな連携、看護師、診療工学技士、放射線部等とのチーム医療により、大学病院ならではの高度な医療を提供することが可能です。

診療方針

救急診療においては、緊急度、重症度を迅速かつ正確に判断し対応できるよう、集中治療室では人工呼吸管理、体外循環補助、血液浄化療法など高度な手段を用いて、社会復帰を目標に「患者自身の治癒力を引き出す医療」を心がけています。

対象疾患

【救命救急センター】急性心筋梗塞、重症不整脈、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、その他の重症内因性疾患、多発外傷、薬物中毒、心肺停止、重症小児疾患(内因性、外因性)

【集中治療部】手術後の呼吸循環管理と、院内重症患者の全身管理

主な検査

一般採血、心臓、腹部、頸動脈などの超音波検査、X線検査、全身CT、必要時には頭部MRI検査も24時間施行可能です。それ以外は他科の検査に準じます。

主な治療

救急処置室では緊急度、重症度に応じて、気道確保や静脈ルート、動脈ラインの確保などの救命処置を開始し、各科専門医と協力して初療にあたります。集中治療室では人工呼吸管理、体外循環補助、血液浄化療法などを用いて集中治療を展開します。単一の専門診療科で治療困難な重症疾患については、当センターが中心となって治療を行っています。

学会施設認定

日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本集中治療医学会集中治療専門医研修施設

ページの上部へ