HOME診療科のご案内中央診療施設>総合診療部

診療科のご案内

総合診療部

診療科ホームページへ


スタッフと学生による
カンファレンス風景

総合診療部は多くの病気に対応します。原因不明の発熱疾患、診断の難しい疾患、糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病、肺炎や胃潰瘍などの一般的な疾患、慢性肝炎などの肝疾患、HIV感染症などを中心に診療しています。


得意分野

受診する診療科の診断に迷う、あるいは疾患を特定できない症状を有する患者さんの診断・治療を行っています。

診療体制

14名のスタッフが診療を行います。新患外来は月曜日から金曜日まで毎日3―5人体制で行い、上記のような疾患を診断し、適切な専門医と相談し診療を行っています。専門外来として、ウイルス性肝炎、脂肪肝炎、HIV、生活習慣病、禁煙外来、漢方外来も行っています。

診療方針

日常よくある内科疾患や高度の臓器別専門医を必要としない病気に対応し、何科を受診してよいか分からない患者さんを診察・診断し、必要な場合、適切な専門診療科にもきちんと紹介します。高齢者などで多くの病気をもった患者さんについては各々の病気に対して専門医と相談しながら診療していきます。

対象疾患

一般内科全般、原因不明の症状を有する患者さん(不明熱、リンパ節腫脹、悪性腫瘍など)、感染症の患者さん(一般感染症、肝炎ウイルス感染症、HIV感染症、HTLV‐1感染症、ヘリコバクターピロリ感染症など)、生活習慣病を有する患者さん(高脂血症、高血圧症、糖尿病、脂肪肝、閉塞性動脈硬化症、睡眠時無呼吸症候群)、禁煙を希望する患者さんなど。また、漢方診療的な治療も行っています。

主な検査

外来:肝臓病変検査(腹部エコー、非侵襲性肝臓線維化評価のファイブロスキャン)、動脈硬化症検査(頚動脈エコー、脈波速度、コロトコフ音、オーグメンテーションインデックス)、糖・脂質代謝検査(食事負荷;クッキーテスト)
入院:肝生検、睡眠時無呼吸検査

主な治療法・高度先進医療

肝炎ウイルス感染症:ペグインターフェロン・リバビリン併用療法(C型慢性肝炎)、肝癌発症予防目的のインターフェロン長期投与、ラミブジン・アデフォビル・エンテカビルなどの抗ウイルス療法(B型慢性肝炎)。ファイブロスキャンを用いた非侵襲性肝臓線維化評価。
HIV感染症:多剤併用抗HIV療法。
生活習慣病:動脈硬化検査をモニターとした抗動脈硬化療法(抗高脂血症薬、降圧薬、抗糖尿病薬による治療。閉塞性動脈硬化症の薬物治療)。
漢方診療:漢方的な診断と治療。

ページの上部へ