HOME診療科のご案内中央診療施設>ARO次世代医療センター

診療科のご案内

ARO次世代医療センター

各センターホームページへ


会議風景

病院長の一元管理体制の下、ARO推進室(知財戦略、開発戦略、薬事、教育)、ARO支援室(治験・臨床試験の支援、データセンター業務)、ARO基盤センター会議(CPCを含むハード部分の管理運営)を中心とする運営体制を構築しています。


運営体制

病院長の一元管理体制の下、ARO推進室(知財戦略、開発戦略、薬事、教育)、ARO支援室(治験・臨床試験の支援、データセンター業務)、ARO基盤センター会議(CPCを含むハード部分の管理運営)を中心とする運営体制を構築しています。

運営方針

九州大学病院の大きな使命の一つに未来へ繋がる新しい医療を開発することがあります。ARO次世代医療センターは多くの業種にわたって、幅広い専門家が協力して、未来の医療の開発という一つの目標に向かって活動することを運営方針としています。

業務内容

■TRの支援

  • ・シーズ探索、開発戦略、産学連携等に関する業務
  • ・非臨床フェーズおよび臨床フェーズのTRの実施支援
  • ・薬事情報、安全性情報の収集および管理に関する業務
  • ・臨床試験物製造に関する業務
  • ・製造された試験物の安全性評価に関する業務
  • ・TRおよび臨床研究から得られる生体情報の解析に関する業務

■CR・治験の支援

  • ・治験等の支援
  • ・研究者主導型臨床研究の支援

■生物統計学的支援

■モニタリング業務

■教育研修活動

■広報活動

特色

トランスレーショナルリサーチ(遺伝子治療、細胞療法、ロボット手術など)と呼ばれる先進的医療や新薬開発を目指した治験はもとより、九州大学病院で行われる全ての臨床研究をより良質で倫理的なものにするために、専門的アドバイスや業務支援を行っています。100名以上の医学、歯学、看護学の専門家に加えて、研究が正しく計画されるように生物統計学者もセンターの活動に参加しています(百人部会)。また、安全かつ適正に実施されているかどうかを定期的にチェックし、研究者に対して助言、勧告や警告もします。臨床研究コーディネーター(CRC)は、看護師・薬剤師・臨床検査技師で構成され、トランスレーショナルリサーチや治験を含む臨床試験に参加される患者さんの安全と倫理性を確保しながら、科学的で適正かつ円滑な臨床試験の実施を目指し活動しています。

教育

九州大学病院では、臨床研究に参加するためには、倫理・法規・科学的事項・業務などの講義を受け、試験に合格することを義務付けています(臨床研究認定制度)。現在、医師2,037名、メディカル・スタッフ1,078名が認定されています。また、認定更新のための講習会を毎年10回程度開催しています。

ページの上部へ