HOME診療科のご案内歯科系>顎口腔外科

診療科のご案内

顎口腔外科

診療科ホームページへ


毎週金曜日の合同手術カンファレンス風景

大診療科として、当科は顔面口腔外科と協同して口腔外科的疾患全般の診療科にあたっています。口腔顎顔面の腫瘍、外傷などの手術から抜歯などの小手術といった外科的治療はもとより、口腔粘膜疾患、ドライマウス(口腔乾燥症)、摂食・嚥下障害、口唇口蓋裂、発音言語障害などの口腔内科的な治療にも携わる守備範囲の広い診療科です。


得意分野

口腔、顎、顔面の疾患、とくに口腔腫瘍に対する手術による外科的治療や、口腔粘膜疾患、ドライマウス、摂食・嚥下障害などに対する口腔内科的治療を中心に、他科との十分な連携のもとで包括的治療を行います。口唇口蓋裂は出生前よりカウンセリングを行い、出生日から治療をスタートします。

診療体制

日本口腔外科学会専門医と指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医を中心に診療を行っています。また、福岡市歯科医師会休日診療支援をはじめ、土日祝日の急患にも対応しています。さらに、他の歯科外来と協力した専門外来(口腔腫瘍外来、ドライマウス外来、摂食・嚥下機能支援外来、言語療法外来、顎顔面補綴外来など)があります。

診療方針

紹介医と情報交換を密に行い、正確で迅速な診断、科学的根拠に基づいた的確な治療をするように心がけています。患者さんやご家族にわかりやすく説明し、十分な理解と納得の上で治療を行うように努めています。また、他科と十分に連携して、専門性を活かしたチーム医療を行っています。

対象疾患

悪性腫瘍、良性腫瘍、顎骨再建、嚢胞、唾液腺疾患、外傷(顎顔面の骨折、歯の外傷や舌や口唇などの軟組織損傷)、智歯および埋伏歯抜歯、口腔粘膜疾患、ドライマウス、口唇口蓋裂、顎変形症、顎関節疾患、歯科インプラントおよび補綴前外科処置など。

主な検査

画像検査(単純X線、CT、MRI、唾液腺造影、超音波検査、PET、嚥下造影検査など)、血液検査、ドライマウスに関する検査、摂食・嚥下機能検査、発音言語機能検査、味覚検査、知覚検査、金属アレルギー検査など。

主な治療

■手術:悪性腫瘍、良性腫瘍、組織欠損の顎骨再建、口唇口蓋裂、抜歯、嚢胞、唾液腺疾患、外傷、顎変形症、歯科インプラントおよび補綴前外科処置に関する手術を全身麻酔下に行っています。また、静脈内鎮静法を用いることもあります。疾患の内容によっては短期入院もしくは日帰りの手術も可能です。

■悪性腫瘍に対する放射線療法や化学療法

■口腔粘膜疾患(関連他科と連携した治療、重症の場合は入院下の治療)、ドライマウス、顎関節症、摂食・嚥下障害、発音言語障害の治療

学会施設認定

日本口腔外科学会、口腔顎関節学会

ページの上部へ