HOME診療科のご案内歯科系>ドライマウス外来

診療科のご案内

ドライマウス外来

【 専門外来の特徴と、診療方針 】


ドライマウスの患者さんの舌

ドライマウス(口腔乾燥症)とは、唾液の分泌量が減少すること等によって、文字どおり「口の中が乾燥する状態」のことです。原因としては、高血圧や糖尿病といった全身的な病気(全身的疾患)、種々の内服薬による薬物性のもの、またシェーグレン症候群といった自己免疫性疾患によるもの等があります。

このようなドライマウスの原因を明らかにし、お薬を使用する等で、ドライマウスの改善を行う専門外来です。


【患者さんの主な症例】

・口の中に乾燥感のある方、唾液がでない方 ・口の中の粘膜(舌、頬の粘膜、唇等)に痛みのある方 ・口の中がねばねばする方 ・食事の際に唾液が少なく、食べ物が飲み込みにくい方

【主な検査:検査名】

・唾液分泌量検査(ガムテスト、サクソンテスト、吐唾法)
さらに自己免疫性疾患が疑われた場合は、以下の検査を行います。
・唾液腺造影、唾液腺シンチグラフィ ・血液検査 ・口唇腺生検

【主な治療法(手術・処置)】

・口腔内の保湿:人工唾液、保湿剤、洗口液、保湿装置の使用
・シェーグレン症候群の場合は、唾液分泌促進剤を使用します。

受付時間 外来TEL/窓口診療科名 料金
初診:月曜-金曜8:30-11:00
再診:月曜-金曜8:30-16:00(予約制)
TEL: 092-642-6445、092-642-6450
/顎顔面口腔外科
保険診療
※ただし、保湿剤や洗口等医薬部外品は、別途購入していただきます

(平成20年12月1日現在)

ページの上部へ