HOME診療科のご案内歯科系>口腔腫瘍外来(こうくうしゅよう外来)

診療科のご案内

口腔腫瘍外来 (こうくうしゅよう外来)

【 専門外来の特徴と、診療方針 】

口腔腫瘍外来では、科学的根拠に基づいた正確かつ迅速な口腔悪性腫瘍の診断と治療を、患者さんの十分な理解と同意のもとに行っています。

診断についてはMRI、PET等の画像検査を積極的に取り入れることにより、腫瘍の範囲や頸部(くびの部分)リンパ節転移の診断精度が向上しています。

治療は手術療法、放射線療法、化学療法のいずれにも対応することができます。
術後の摂食・嚥下リハビリテーションは、摂食・嚥下機能支援外来と協力して行っています。


【患者さんの主な症例】

・口腔内(舌、歯肉、頬(ほほ)粘膜、口蓋)の痛み、腫れ、潰瘍形成、出血がある方 ・ 嚥下痛(食べ物を飲み込む時、痛みがある方)および嚥下障害(飲み込むことに困難を感じる方)、摂食痛がある方 ・ 開口障害がある方 ・ 知覚麻痺、顔面神経麻痺がある方 ・ 頸部リンパ節の腫れがある方

【主な検査:検査名】

・造影CT ・頸部超音波検査(エコー) ・X線検査 ・MRI ・PET ・血液検査(各種腫瘍マーカー) ・シンチグラフィ

【主な治療法(手術・処置)】

・手術単独療法:比較的小さな腫瘍に適用 ・放射線治療:外照射、組織内照射、サイバーナイフ ・化学療法:TS-1あるいはUFTの内服療法、超選択的動注療法 ・集学的治療(上記の組合わせ):進展症例や悪性の度合いが高い症例に適用 ・血管吻合術(マイクロサージェリ)を用いた再建手術

受付時間 外来TEL/窓口診療科名 料金
初診:月曜-金曜8:30-11:00
再診:月曜-金曜9:00-16:00
※救急の場合、予約がある場合はこの限りではありません
TEL: 092-642-6450
/顎顔面口腔外科
保険診療

(平成20年12月1日現在)

ページの上部へ