HOME診療科のご案内内科系>腎・高血圧・脳血管内科

診療科のご案内

腎・高血圧・脳血管内科

診療科ホームページへ


腎・高血圧・脳血管病棟の回診

腎・高血圧・脳血管内科は、腎臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中、動脈硬化性疾患など全身の心血管病を、総合的に診断し治療を行っています。


得意分野

■腎臓病:無症候性血尿・蛋白尿から末期腎不全に至る腎疾患の診療を行っています。

■高血圧:治療抵抗性高血圧、二次性高血圧、合併症を有する高血圧、大動脈炎症候群などを中心に診療を行っています。

■脳卒中:脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血などの急性期診療とともに頸動脈や脳血管病変の精密検査も行っています。

■糖尿病:血糖管理や糖尿病合併症の評価・治療を行っています。当科は日本糖尿病学会の認定教育施設です。

診療体制

日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医、日本高血圧学会専門医、日本循環器学会専門医、日本糖尿病学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本老年医学会専門医が、それぞれの専門的な診療にあたるとともに、緊密に協力して全身の心血管病に対する包括的な医療を行います。脳卒中、急性腎疾患、高血圧緊急症に対する救急医療を積極的に行っています。

診療方針

心血管病の多くは救急疾患であり、24時間体制で診療を行っています。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療は長期間に及ぶため、患者さんに治療の必要性を納得していただき、生活の質(QOL)を重視した診療を行います。

対象疾患

■腎臓病:急性および慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、膠原病に伴う腎障害、電解質異常、糖尿病性腎症、急速進行性糸球体腎炎、急性および慢性腎不全、二次性副甲状腺機能亢進症、長期透析合併症など

■高血圧:悪性高血圧、治療抵抗性高血圧、二次性高血圧(腎血管性高血圧、内分泌性高血圧など)、合併症を有する高血圧、妊娠合併高血圧、大動脈炎症候群など

■脳卒中:脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、頸動脈狭窄・閉塞症など

■糖尿病:2型糖尿病、1型糖尿病、低血糖症など

主な検査

■24時間血圧測定、ホルター心電図検査、眼底検査、超音波検査(腎臓、副甲状腺、心臓、頸部血管、経頭蓋超音波ドプラ)、腎生検、脈波伝播速度(PWV)など

■頭部CT、頭部MR、SPECT、脳血管造影検査、腎シンチ、レノグラム(放射線科と協力して行います)など

主な治療

■末期腎不全:血液透析療法、腹膜透析療法、バスキュラーアクセス作成術、腹膜透析(CAPD)カテーテル挿入術

■高血圧:降圧治療

■大動脈炎症候群

■ネフローゼ症候群:ステロイド治療

■脳卒中:超急性期血栓溶解療法、抗脳浮腫療法、抗凝固・抗血小板療法、脳保護療法

■糖尿病:インスリン治療、GLP-1治療、インスリンポンプ治療(CSII)

学会施設認定

日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本脳卒中学会、日本老年医学会、日本糖尿病学会

ページの上部へ