HOME診療科のご案内内科系>精神科神経科

診療科のご案内

精神科神経科

診療科ホームページへ


強迫性障害患者の治療前後と
健常対象者の機能画像

九大病院精神科神経科は脳の機能不全や心理社会的な要因によって生じるこころの病気を診療対象として、医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士など多職種のスタッフが、患者さん一人ひとりの全人的理解にもとづき、包括的な精神医療活動を続けています。


得意分野

うつ病、双極性障害、強迫性障害、統合失調症などの精神疾患の診断・治療のエキスパートや、老年精神医学、リエゾン精神医学など幅広い専門領域をもつスタッフが高度かつ利用者に優しい医療を提供します。高度医療機関にある利点を生かし、他科と連携して患者さんの身体疾患(合併症)とこころの問題の双方に対して高い水準の治療を行います。

診療体制

初診日は火曜日と木曜日の午前中です。はじめての受診の場合は、当科外来受付に電話にて予約をお願いします。
一般外来・行動療法外来・双極性障害外来・物忘れ外来(神経内科と合同)・アルツハイマードック(放射線科、精神科神経科、神経内科と合同)・子どものこころの診療部(小児医療センター、総合周産期母子医療センターと合同)

診療方針

心理社会的治療から生物学的治療まで幅広い治療法を、病状に応じてバランスよく組み合わせた外来・入院治療を提供します。患者さんと家族のウェルビーイングのために、十分なインフォームド・コンセントにもとづき安全な治療環境を保障します。

対象疾患

■一般成人精神医学(強迫性障害や社会不安障害などの神経症性障害、うつ病、双極性障害、統合失調症)

■リエゾン精神医学(身体疾患の治療中に生じる不安・抑うつやせん妄、緩和ケア)

■老年精神医学(認知症、せん妄)

主な検査

脳波、脳磁図(MEG)、大脳誘発電位、脳MRI、脳CT、脳血流シンチ(SPECT)、PET、てんかん持続モニター、高次脳機能検査、神経心理検査

主な治療

■行動療法外来:学習心理学を応用した精神療法で強迫性障害、パニック障害、社会不安障害などに有効です。

■双極性障害外来:見過ごされやすい双極性障害に対して、先進的な診断評価方法を用い、総合的な治療を行います。

■認知療法:主にうつ病の方を対象に薬物療法とともに認知の修正を行うことで、再発や悪化を防ぎます。

■無けいれん電撃療法:全身麻酔下呼吸循環管理の下で頭部に通電を行う療法です。難治性のうつ病などに、極めて安全かつ効果の高い方法です。

■精神科リエゾンサービス:院内の先進医療(移植、再生医療、遺伝子診断)や緩和ケア、救命救急センターにかかわるこころの問題への総合窓口として随時対応します。

■精神科デイケア:患者さんが地域での生活にスムーズに戻れるように、 さまざまなリハビリテーション活動や相談を行います。うつ病、発達障害を対象としたグループ活動も始めました。

学会施設認定

日本精神神経学会専門医研修施設

ページの上部へ