新着情報 News & Topics

医療者セミナー 2020年11月04日 九州大学大学院医学研究院  病態制御内科学

【11月22日】第48回内科学の展望「令和時代の総合内科学」 開催のご案内

 
 第48回内科学の展望は、テーマを「令和時代の総合内科学」とし、2020年11月22日(日)、会場は福岡市民会館(福岡市)で開催をさせていただきます。
 今回のテーマである「令和時代の総合内科学」では、第一線の現場でご活躍の先生方に、超高齢化社会、グローバル化社会、情報化社会に必要な総合内科学の最新の話題に触れていただける機会を企画しました。
 令和時代を迎えて新型コロナウイルス感染拡大に直面し、医療界・医学界も大きな変化を強いられるものと予想されます。激動の時代であるからこそ、医療・医学の原点である総合内科学が果たすべき役割は大きいものと考えられます。
 本講演会では、新しい時代の総合内科学のあるべき姿に思いを馳せていただければ幸いです。多くの先生方のご参加をお待ち申し上げております。
 
  • 日 時 令和2年11月22日(日)9時25分~15時20分
  • 会 場 福岡市民会館
  • 参加費 3000円
  • 定 員 LIVE配信視聴参加:6,000名(先着)
                会場視聴参加:400名(先着)

この講演会へ参加される方には事前にお申込みをいただいております。(11月20日17時まで)
LIVE視聴配信・会場参加ともに、参加をご希望される方は「お申込はこちら」を押して、事前参加登録のお手続きをお取りください。

プログラム

開会の辞 第118回日本内科学会 講演会会長 赤司浩一

(1)セッションI  個別化医療の将来
1) 進行肺癌におけるゲノム医療の確立を目指して 
 国立がん研究センター東病院  後藤功一
2) Polygenic risk scoreを活用したゲノム個別化医療 
 大阪大学 岡田随象

(2)セッションII 遺伝子治療・細胞治療の将来
1) 次世代医療品としての遺伝子治療:血管再生遺伝子治療からDNAワクチンまで
 大阪大学 森下竜一
2) 遺伝子改変T細胞 (CAR-T)療法  
 北海道大学 豊嶋崇徳

(3)セッションIII コモンディジースの治療の進歩1
1) 先進糖尿病治療の進歩
 徳島大学 松久宗英
2) IoT・AIを活用する生活習慣病診療
 琉球大学 益崎裕章

(4)セッションIV コモンディジースの治療の進歩2
1) 消化管腫瘍に対する内視鏡治療の進歩
 名古屋大学 藤城光弘
2) 心房細動治療Update:抗凝固療法とカテーテルアブレーション
 済生会熊本病院 奥村謙

まとめ・閉会の辞 第48回内科学の展望 会長 小川佳宏


<お問い合わせ先>
九州大学大学院医学研究院・病態制御内科学 小川佳宏
TEL : 092-642-5275
FAX : 092-642-5287