研究と教育 呼吸器外科(2)

基本概要

外来窓口 外来4F
初診日 月・水・金
再診日 月・水・金
ご連絡先 092-642-5479
ホームページはこちら

研究

呼吸器外科(2)では、医療の発展に貢献するため、精力的に臨床研究に取り組んでいます。肺がんなどの胸部悪性腫瘍に関する研究だけではなく、肺移植に関する研究も行っています。近年、肺がんに対してがん免疫療法が日常診療で使われるようになり、当科ではとくに、そのがん免疫療法がどのような患者さんに効きやすいのかを研究しています。また、肺がん患者さんの背景となる家族や栄養状態が、予後に及ぼす影響などについても研究しています。さらに、術後に行う抗がん剤治療に関する多施設共同の臨床試験などにも参加しています。以下が、現在当科が取り組んでいる臨床研究の一部です。

・胸部悪性腫瘍における免疫チェックポイント因子発現の意義解明
・肺癌リンパ節転移におけるPD-1/PD-L1シグナルとEMT機構
・肺癌患者における家族背景、免疫・栄養状態と予後との関連
・肺癌患者における宿主免疫状態と腫瘍微小環境との関連
・RET融合遺伝子阻害剤耐性機序の解明
・Sphere formationによるmicroRNAの機能解析
・ミエロイド由来抑制細胞を用いた免疫抑制療法の開発
・移植後閉塞性細気管支炎におけるHMGB1、IL-17、IL-38の役割
・病理病期II/IIIA期非小細胞肺癌完全切除例に対する術後補助化学療法のS-1単独療法とS-1+CDDP併用療法の無作為化第II相臨床試験
・肺癌術後再発症例の治療と予後に関する多施設共同前向きコホート観察研究

教育

消化器・総合外科(第二外科)は、100年以上の歴史のある教室で、「一に人格、二に学問」を教室訓とし、人格を磨き、社会に貢献できる外科医の育成に取り組んでいます。消化管外科(食道・胃・大腸)(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、血管外科、乳腺外科(2)と外科で扱うほぼすべての分野を受け持ち、各疾患グループとも専門医による充実した指導体制を整えています。九州はもちろん、全国に及ぶ関連施設において、出身大学、男女の別なく若手外科医の手術手技研鑽、専門医取得を全力で指導しています。外科専門医はもちろん、サブスペシャリティ専門医、高度技能医、内視鏡外科技術認定医などの取得が可能です。

また、若いうちから「疾病・病態の分子機序解明」に主眼を置いた研究に取り組むことにより、各疾患に対する深い洞察力を磨き、自らの研究を世界へ発信し、世界で活躍できる人材の育成を目指しています。ほぼすべての医局員が医学博士号を取得し、さらに研究や臨床のために、欧米または、国内一流施設へ留学することを推奨し、つねに海外へ5-10名の留学者を派遣しています。これらの取り組みが、多くの大学教授(過去15年間に26人)、日本および世界をリードする一流の指導者の輩出へと結実しています。

我々の医局に興味を持たれた方は、いつでも下記連絡先までご連絡下さい。病院見学・医局見学は随時行っています。

九州大学 消化器・総合外科(第二外科) 医局長室:2gikyoku@surg2.med.kyushu-u.ac.jp