HOME診療科のご案内歯科系>歯周組織再生外来

診療科のご案内

歯周組織再生外来


歯周組織再生手術による歯槽骨の再生
(右の歯の歯根部分)

【 専門外来の特徴と、診療方針 】

歯周病で壊された歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽(しそう)骨等)の再生を促す、新しい治療を行っています。

歯を支えている歯槽骨の溶け方が軽度の場合、フラップ手術と呼ばれる歯周外科治療で歯周病の進行を止めることができます。歯槽骨の溶け方が著しい場合、通常のフラップ手術では歯周組織の回復が起こりにくいので、歯槽骨が元に戻ることを期待して再生療法を行います。


【患者さんの主な症例】

・歯周病の基本治療(スケーリング・ルートプレーニング等)が終わっている方
・4mm以上の深い歯周ポケットが残り、エックス線検査で垂直性骨欠損と呼ばれる「くさび状の歯槽骨の溶け方」をしている方

【主な検査:検査名】

・エックス線検査 ・歯周組織精密検査

【主な治療法(手術・処置)】

フラップ手術と、再生療法「GTR法(組織再生誘導法)」、「エナメルマトリックスたん白質を使う方法」の併用です。

GTR法:フラップ手術の際に、歯肉と歯槽骨の間に遮へい膜を置き、歯槽骨と歯根膜が伸びてきて再生させようとする方法です(遮へい膜を除去するための、2次手術が必要になる場合があります)。
エナメルマトリックスたん白質を使う方法:歯周組織の再生を促す働きを持つ特殊なたんぱく質を歯根の表面に塗り、歯根膜や歯槽骨の再生を促す方法です。

受付時間 外来TEL/窓口診療科名 料金
初診:火曜・木曜8:30-11:00
再診:月曜-金曜9:00-15:00
※予約をお願いします
TEL:092-642-6425
/歯周病科
保険診療:
GTR法(3割負担の場合 約6,000円/1歯)
自費診療:
エナメルマトリックスたん白質を使う治療(約60,000円/1歯)
※治療法、歯数によってご負担が異なりますので、担当医にご相談ください

(平成26年4月1日現在)

ページの上部へ