HOME診療科のご案内歯科系>睡眠無呼吸症歯科外来

診療科のご案内

睡眠無呼吸症歯科外来

【 専門外来の特徴と、診療方針 】


口腔内装置を装着した例

閉鎖型睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんを対象に、歯科的な治療法として口腔内装置を作製します。この装置の着用によって、いびきや睡眠時無呼吸症候群の防止、軽減を図ります。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、患者さんとご相談の上、神経内科や耳鼻咽喉科、総合診療部等適切な専門科をご紹介します。


【患者さんの主な症例】

・大きないびきをかき、日中に過度の眠気や注意力の散漫を感じる方 ・家族から睡眠中の呼吸停止や大きないびきを指摘されたことがある方 ・肥満、睡眠中の他動、不眠、夜間の窒息感等でお悩みの方

【主な検査:検査名】

・口腔内検査 ・顎機能検査 ・エックス線検査(パノラマ)

【主な治療法(手術・処置)】

口腔内装置(マウスピース)の作製:下あごを前方に固定させるマウスピースを上下あごに装着します。来院時に上下あごの歯型とかみ合せを採り、装置の完成は約一週間後です。

受付時間 外来TEL/窓口診療科名 料金
初診:月曜-金曜8:30-15:00
再診:予約制
TEL:092-642-6440
/義歯補綴科
保険診療
※保険診療で口腔内装置を作製する場合、神経内科、耳鼻咽喉科、総合診療部等の検査で「閉鎖型睡眠無呼吸症候群」であるとの診断が必要です

(平成20年12月1日現在)

ページの上部へ