HOME診療科のご案内外科系>脳神経外科

診療科のご案内

脳神経外科

診療科ホームページへ


術中ナビゲーションシステムを用いた
顕微鏡手術

脳神経外科は脳・眼窩内腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、中枢神経奇形、機能的脳外科疾患など、脳神経外科疾患全般を対象に、手術を中心とした専門的な医療を行っています。


得意分野

脳腫瘍(頭蓋底腫瘍、下垂体腫瘍、神経膠腫などの悪性脳腫瘍)や血管性病変(脳動脈瘤や脳動静脈奇形、頸動脈狭窄症、もやもや病など)の手術難易度の高い病変に対し、豊富な手術経験に基づき、良好な成績をあげています。術後化学・放射線療法に関しては個々の症例に対し検討し、最適な治療を行っています。難治性てんかんやパーキンソン病などの機能的疾患に対しても、最新の検査と手術装置を用いて、手術を行っています。

診療体制

日本脳神経外科学会認定専門医、日本脳卒中学会認定専門医、日本臨床腫瘍学会専門医、日本てんかん学会認定臨床専門医が専門的な診療にあたっています。毎週月、水、金曜日が初診受診日で、その日のうちにそれぞれの専門医が対応します。脳卒中や頭部外傷など緊急手術が必要な急患に対しては、救命救急センターとの連携のもと24時間体制で対応しています。

診療方針

患者さんの立場に立ってQuality of Life (QOL)の改善と維持を目指し、より確実な、かつより侵襲の少ない治療法を開発・実践しています。

対象疾患

脳腫瘍(髄膜腫、聴神経腫瘍、頭蓋底腫瘍、下垂体腺腫、神経膠腫、肺細胞腫、転移性脳腫瘍など)、眼窩内腫瘍、脳血管障害(脳動脈瘤、脳動静脈奇形、閉塞性脳血管障害、もやもや病、頸動脈狭窄性病変など)、脊椎・脊髄疾患(脊髄腫瘍、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症など)、中枢神経奇形(水頭症、脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫、キアリ奇形など)、機能的脳外科疾患(難治性てんかん、パーキンソン病、ジストニア、顔面けいれん、三叉神経痛など)

主な検査

神経放射線学的検査:CT、MRI、脳血管撮影、PET、SPECT
機能的検査:機能的MRI、長時間ビデオ脳波検査、各種誘発電位

主な治療

上記の対象疾患に対し、手術用顕微鏡、ナビゲーション、神経内視鏡、電気生理学的モニタリングなどの最新術中支援システムを駆使した手術を行っています。最新の三次元コンピュータ画像作成システムを使った詳細な術前検討を行うことにより、難易度の高い症例に対しても、安全で確実な手術を行っています。術後の化学・放射線療法が必要な症例に対しては個々の病理・遺伝子診断に基づいたテーラーメイド治療を行っています。不随意運動に対しては最新技術を駆使した脳深部刺激療法(DBS)を行っています。

学会施設認定

日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本てんかん学会

ページの上部へ