HOME診療科のご案内外科系>皮膚科

診療科のご案内

皮膚科

診療科ホームページへ


色素性疾患に対するレーザー治療

アトピー性皮膚炎、じんましん、薬疹、乾癬、水疱症、皮膚感染症など難治性皮膚疾患を、専門的に治療します。皮膚腫瘍、熱傷の手術、黒あざ、赤あざのレーザー治療、真菌症の専門外来も充実しています。


得意分野

アトピー性皮膚炎やじんましん、悪性腫瘍の治療では、学会や厚生労働省のガイドライン作成に関与しています。難治性皮膚潰瘍、熱傷の豊富な治療経験を持っています。紫外線治療機器、レーザー治療機器も充実しています。

診療体制

初診は月・水・金曜日の午前(紹介状が必要)、再診は火・木曜日の午前で、共に完全予約制 です。初診でカルテを作成後、各種専門外来(各曜日午後)を受診していただくことがあります。

(1)レーザー外来(月) (2)アトピー外来(月) (3)褥瘡外来(院内患者のみ)(火)
(4)油症外来(水) (5)腫瘍外来(水) (6)皮膚外科外来(水)
(7)真菌外来(木) (8)形成外来(木)

診療方針

患者さんのために最も適した治療を、十分な説明を行った上で適切に行うことを心がけています。それぞれの患者さんには担当主治医を中心に診療にあたりますが、必要に応じて皮膚科全体カンファレンスで治療方針を決定します。初診・再診は完全予約制です。ご協力ください。またレーザー外来では疾患により自費診療となります。

対象疾患

■アトピー性皮膚炎、じんましん、難治性湿疹、乾癬、薬疹、悪性黒色腫などの悪性皮膚腫瘍、良性皮膚腫瘍、褥瘡、熱傷、難治性潰瘍、外傷、ウイルス感染症、細菌感染症、真菌感染症、膠原病、水疱症、白斑、円形脱毛症、油症

■レーザー治療(単純性血管腫、太田母斑、扁平母斑)

主な検査

  • ■ダーモスコピー検査
  • ■超音波検査
  • ■皮膚生検(病理検査)
  • ■真菌検査(直接鏡検、真菌培養)
  • ■蛍光抗体検査
  • ■全身精査
  • ■体表還流圧測定検査
  • ■サーモグラフィー
  • ■パッチテスト
  • ■光線過敏検査

主な治療

■外用療法、内服療法、レーザー治療(色素レーザー、アレキサンドライトレーザー)、光線(紫外線)療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法、エキシマライト)、液体窒素冷凍療法など

■皮膚悪性・良性腫瘍に対する手術と、局所皮弁、植皮による再建

■悪性黒色腫に対するセンチネルリンパ節生検

■難治性の乾癬に対する分子標的薬による治療

■難治性の天疱瘡に対する大量免疫グロブリン療法

■難治性皮膚潰瘍に対する陰圧吸引療法

学会施設認定

■日本皮膚科学会認定皮膚科専門医主研修施設

■日本アレルギー学会認定教育施設

ページの上部へ