研究と教育 小児歯科・スペシャルニーズ歯科

基本概要

外来窓口 北棟5F
初診日 月-金
再診日 月-金
ご連絡先 092-642-6465
ホームページはこちら

研究

小児歯科・スペシャルニーズ歯科は、小児医療センターと総合周産期母子医療センターに属していることから、さまざまな疾患を患った患児を診察することが多くあります。このことから全身疾患に関連する口腔内の特徴的な所見の検索や、全身や口腔内の病態解明に関する研究を推進しています。

特に当科では、永久歯に交換する時に脱落する乳歯歯髄から、単離される間葉系幹細胞を用いたトランスレーショナルリサーチに注目し、骨系統や消化器系、中枢神経系に関連する疾患に着目して、研究を進めています。単離した間葉系幹細胞を用いてその疾患の解明などの基礎的な研究を行い、その研究成果をもとに、疾患の治療法や予防法の開発を目的に、実験動物を用いての研究も行っています。

また、研究は歯学部内の研究室や医学部、学外の研究室との共同研究も行い、幅広い基礎研究や臨床研究を行うとともに、人材の交流も積極的に行っています。将来は、この乳歯歯髄由来の間葉系幹細胞を用いた疾患の治療や予防の臨床応用に繋げたいと、日々、研究と臨床に力を注いでいます。

教育

小児歯科・スペシャルニーズ歯科では小児や障がい児、障がい者への歯科医療に関する基本的な診察体系の教育を行っています。具体的には、歯科疾患の2大疾患であるう蝕や歯周疾患の治療と予防、乳歯や永久歯、過剰歯抜歯や粘膜疾患に対する外科的処置、歯列不正へのアプローチに関する診療への教育を行っています。

歯学部の学生や初期研修医には、上記の診療への介助や当科スタッフの指導の下での口腔衛生指導、治療を行うことにより、小児や障がい児、障がい者の歯科医療を教育しています。また、当科は、小児医療センターと総合周産期母子医療センターに属していることから、さまざまな疾患を患った小児や障がい児、障がい者の診療を行い、歯科診療における全身管理の重要性や留意点、全身管理方法の修得も目指すとともに、関連診療科との連携についても学べるように教育を行っています。

以上のように、幅広い知識をもった歯科医師の育成を行い、将来は小児歯科専門医や障がい者歯科認定医などの取得を目指すとともに、大学病院や地域歯科医療に携わる人材養成も行っています。