入院費について 入院のご案内

2018年10月1日

入院費のお支払い

  • 月をまたぐ入院費は、月末締めで翌月の10日頃に請求書を病室にお届けします。お支払いは、12日頃からとなります。(※曜日により異なる場合があります)

  • 外来診療棟1階の【5番 支払窓口】または、 【医療費自動精機】でお支払いください。
    なお、【医療費自動精算機】でのお支払いの場合は、診療明細書が発行されませんので、ご了承ください。

  • お支払いの内容について、不明な点がございましたら平日 8:30-17:00 病棟事務にお尋ねください。

  • 時間外、および土・日・祝日のお支払いは時間外受付(南棟入口)で取り扱っています。

入院費用の計算について

九州大学病院(医科)は、「入院医療の包括評価」の対象病院となっているため、入院された患者さんの入院費用は、包括評価制度を基本として計算いたします。
 

差額室料・分娩費等のお支払い(健康保険法等の規定外)

■上級病室を希望した場合の「差額室料」

病室の特別料金については「病室のご案内」ページをご覧下さい。
病室のご案内

■分娩介助料

時間内( 8:30 - 17:00)  270,000円
(加算額 190,000円)
時間外(17:00 - 22:00、 6:00 - 8:00)および休日(土・日・祝)
※深夜を除く
 320,000円
(加算額 210,000円)
深夜(22:00 - 6:00)  330,000円
(加算額 230,000円)
※加算額:一児を超えるときに一児ごと加算します
※分娩介助料の他に、入院料・新生児室料・新生児介補料・食事療養費等が必要となります
※個室を希望する場合は別途、「差額室料」が加算されます。詳しくは、病室のご案内をご参照ください
 

■病衣貸与料

1日につき72円
※病衣の交換は、夏は週3回、冬は週2回、汚れた時は、その都度交換します

■先進医療

先進医療を受ける場合の費用は、以下のように取り扱われ、一般の保険診療の場合と比べて、「先進医療に係る費用」を多く負担することになります。
 
  • 「先進医療に係る費用」は、全額自己負担です。「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なります。
  • 「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、一般の保険診療(3 割負担など)と同様に扱われます。
     

先進医療についてはこちら