泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 外科系

基本概要

外来窓口 外来2F
初診日 火・木
再診日 月・水・金
ご連絡先 092-642-5615
ホームページはこちら

診療科紹介

当科では、腎臓や腎盂・尿管・膀胱・尿道といった尿路系全般と、前立腺・精巣・陰茎などの男性生殖器に加え、ホルモン産生臓器である副腎を対象とした診断・治療を担当しています。悪性腫瘍を主な対象として、外科的治療だけでなく薬物療法においても幅広く最先端の医療を提供しています。また、排尿障害に対する薬物療法や尿路結石にはレーザーを用いた内視鏡的治療も行っています。

主な対象疾患とその治療

当科では、前立腺悪性腫瘍、膀胱悪性腫瘍、腎悪性腫瘍の治療を主に行なっています。
 

前立腺悪性腫瘍

前立腺は男性のみにある臓器のひとつです。前立腺癌は比較的高齢男性に多い疾患で、我が国でも男性のがん患者の中で最も多い疾患です。この原因としては生活の欧米化が関与しているのではないかと考えられています。前立腺癌は、早期に発見されればそれほど怖い物ではありません。前立腺癌と診断された方は、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。
 

膀胱悪性腫瘍

膀胱がんは膀胱上皮が悪性変化したもので、膀胱内に多発性に発生することが多く、男女比では約3倍男性に多いがんです。痛みなどの症状を認めない血尿(無症候性血尿)が最も膀胱がんを疑う症状としてあげられます。一度でも肉眼的血尿を認めた方は、泌尿器科診察をお受けになられることをお勧めします。また、膀胱癌と診断された方は、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。
 

腎悪性腫瘍

腎臓にできる腫瘍の大半は悪性で腎がんと呼ばれます。発生頻度は人口10万人あたり2.5人程度です。男女比は約3:1で男性に多い傾向があります。病気の完治を目指す場合、現在手術以上のものはありません。当科においても腎癌の患者様には手術を第一にお勧めしています。最近は患者様の術後の回復が早い、ロボット手術、腹腔鏡下手術を選択する機会が増えつつあり、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。

主な手術・治療

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)

治療方法は患者さんの病期、年齢、合併症の有無などを総合的に判断して治療(手術)方針を決めます。また表在がんと浸潤がんでは治療法が大きく異なります。表在がんの場合は経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。浸潤性がんの場合には内視鏡的切除術では切除しきれませんので、(多臓器への転移がない場合は)膀胱を摘出する手術を行っています。
 

腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)

当科では、前立腺がんを専門に診療しています。疾患の状態に応じた最適の治療を患者さまと相談しながら決めていきます。手術になる場合は、体への負担の少ないロボット手術を積極的に行っています。また密封小線源治療も多く行っています。密封小線源治療とは放射線を出す小さな線源(カプセル)を前立腺内に挿入して埋め込み、前立腺の内部から放射線を照射する治療法です。
 

腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)

当科では腎がん治療にも力を入れております。中でも小径腎がんに対しては腎温存の為に積極的にロボット支援腎部分切除術(保険診療です)を行っております。また残念ながら部分切除術の適応とならない場合でも、ほとんどが腹腔鏡の手術により治療しています。ロボット手術、腹腔鏡手術共に小さい傷で手術が出来るので体の負担が少なく、通常1週間程度の入院期間です。

その他

腎癌にはロボット支援手術による腎部分切除術や進行腎癌に対する分子標的治療や免疫療法、前立腺癌に対してはロボット支援手術や前立腺密封小線源永久挿入療法や内分泌療法、膀胱癌に対しては経尿道的手術や腹腔鏡手術での膀胱全摘除術、さらに全身化学療法や新たな免疫療法などを得意としています。