災害対策への取り組み 病院について

この災害対策マニュアルは、1995年1月の阪神・淡路大震災および1996年 6月の福岡空港での航空機事故を契機に、1997年 2月に、本院における災害発生時の行動指針として、その対策・対応を目的に作成したものです。2005年 3月には、福岡西方沖地震の被災経験を踏まえて大幅な見直しを行ったほか、重症度に応じた各診療エリア及び病棟毎の時系列的な行動プランであるアクションカードを作成し、それ以降、新病棟及び外来診療棟の開院の時期に大幅な改訂版を発行してきました。

また、2009年 2月には、本院の防災対策に関する事項を審議する「防災対策委員会」の下に、災害対策に関する専門的知識を有する委員により構成される、「防災対策専門委員会」を設置し、現在、この専門委員会が中心となって、毎月、病棟で災害発生時の初動訓練を行っているほか、毎年、地域で大規模災害が発生した想定で多数傷病者受入訓練(トリアージ訓練)を実施しています。

本院は1996年12月に福岡県知事より災害拠点病院に任命されており、厚生労働省が主催する講習会を受講した医師、看護師及び医療スタッフによる日本DMAT(Disaster Medical Assist Team)を置いています。2011年3月の東日本大震災や、2016年 4月の熊本地震では、隊員を派遣し、被災地への医療支援を行いました。その他DMAT隊員の方々には、院内の災害訓練の準備や企画運営にもご協力いただいています。

加えて、本院は、2018年 3月に福岡県知事により原子力災害拠点病院に任命され、地域医療における本院の重要性はより高まっています。

今後は、机上訓練を含めて、本院が地震等により被災した想定に加え、院外への医療救護班の派遣を想定した訓練を実施し、訓練参加者の意見を参考にして、このマニュアルに記載された項目を検討し、適宜修正を行ってまいります。

なお、職員の皆様には、病棟での災害時初動訓練および多数傷病者受入訓練の際に見直した(あるいは、今後見直すことになろう)アクションカードを日常的に心に留めて行動いただくと同時に、このマニュアルを身近に置いて活用いただくことで、防災意識を常に持つよう心がけていただければ幸いです。

2018年 4月

九州大学病院の災害対策(学内限定)

平成30年10月版 災害対策マニュアル

 
    I.  大規模災害発生時における初動の基本的考え方と日常からの準備
  II. 本院が地震などにより被災した場合の対応
  III.  災害により本院に多数の患者が来院した場合の対応
  IV. 院外への医療救護班等の支援のための対応
  V.  その他


アクションカード(夜間、土・日・祝日・本院地震被災版)  アクションカード(地域災害版)